MySQLの監視を行う

4.jpg
MySQLが停止してしまう問題、本来MySQLは異常終了したとしても自動で再起動するはずだ。
mysqld_safeというプロセスがそれで、mysqldが落ちると再起動をかける。
ただし再起動の出来ない状態で落ちてしまうと(当たり前だが)再起動はしない。
また再起動がかかったとしても、データベースそのものが壊れているような場合は再度落ちる事になる。

だが今回の場合はmysqld_safeもなくなってしまうので、再起動はかからない。
そこでプロセスを監視して、プロセスが無くなったら再起動するようにした。
チェックは20分ごとにしている。
即座に再起動をかけた方が良いとも言えるし、再起動出来ない事態が起きて、それでも再起動をかけるのもどうかと思うのでこのインターバルにした。
これで少し様子を見てみようと思う。

なおmysqld-server startではなくrestartとしているのは、プロセスがある状態でも(このコマンドなら)受け付けられるからだ。
プロセスが無い場合はrestart命令でstartする。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

"MySQLの監視を行う" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: