横浜に行ってきた

1.jpg
所用で横浜に行ってきた。
横浜を出るのが遅くなり、こちらに戻ってきたのは夜になった。
伊豆スカイラインからの夜景、風が強くてカメラを持った体が揺れる。
EVを-1位にして撮ろうと思ったが、風が強いし寒いしで早々に車に戻った。
手前の明かりが三島から沼津あたり、海の向こうに見える明かりは静岡市の付近だろう。

往路の箱根新道で、対向車が路肩に止まっていた。
そのミサイルから盛大に煙が出ていて、後輪のあたりに赤い火みたいなものが見える。
車両火災か?乗員は無事なのか?
Uターンの出来ない場所なので、まず徐行して様子を見る。
ハイブリッド車やEVの場合は、急激に燃えたり爆発するので注意が必要だ。

と、車が燃えているのではなく車の下に発煙筒?
何でそんな所に発煙筒を置くのか?坂で転がってしまうからタイヤに挟んだ?
煙が凄くて乗員がいるのかどうか見えなかったが、どうやら車両火災ではないようだった。

坂道での車両トラブルを考えると、発煙筒を固定する工夫が必要だ。
ジャッキくらい積んであると思うので、発煙筒にジャッキを乗せて置いても良いと思う。
坂道ばかりではなく、風の強い日なども固定は必要だ。

ミサイルと言えば復路の進路変更区間で進路変更したミサイルがすぐ後ろにいた白バイに捕まった。
ミサイルから白バイは見えていなかったか、見ていなかったのだろう。
名古屋ナンバーだったので、名古屋走りをしたのだと思う。
ウインカも出さずに車線を換えた瞬間にサイレンが鳴った。
バイパス上では車を止める事が出来ない(渋滞する)ので、少し先のバイク屋?まで誘導されていた。

国道1号バイパスは進路変更禁止区間が長いので、ついつい進路変更したくなる。
片側は空いていて、もう一方は渋滞の列が長かったりするからだ。
走り慣れた人は取り締まりがある事を知っているので、余り無茶はしない。
分岐道路の前後100mくらい、本の短い区間だけは黄色のラインが途切れるので、そこで車線変更するのだが余りにその区間が短いのでタイミングを取るのが難しい。
混んでいる側の車線にいてもしばらく走ると混雑車線が逆転する場合もあるので、無理に捕まるような事をしなくても良い。

ドライブレコーダのmicroSDは32GBのものを入れているのだが、帰ってきてから確認したら煙の様子も白バイの様子も上書きされて残っていなかった。
次にメモリカードを変える時は、もっと大容量のものにしておかなくては。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント