バッテリーの状態

2.jpg
ソーラーシステム用のバッテリーの状態を見てみた。
これは…
バッテリーに罪はなく、私がいけなかった。
バッテリーはスチールラックに置いて、そこにカバーを付けている。
直射日光や冬の寒さを軽減するためなのだが、カバーの中なので普段目にすることはない。
40B19Lはカバーの外にあるので目視でき、電解液の状態はチェックできていた。
しかしGH130F51はノーチェックだったのである。
今日はそのカバーを外してバッテリーを取り出し、キャップを開けてみると電計液が減っている、いや、減っているどころではない。
セル辺り約300mlもの蒸留水を飲み込んだのである。

40B19はいわゆるMFバッテリーなのだが、トラック用のGH130F51はそうではない。
頻繁なチェックが必要だったのだ。
いやあ、バッテリーには悪いことをしてしまった。
露出した極板はサルフェーションが進んだだろうな。
標準のCCAは695Aなのに対して、測定値は335Aしかなかった。
現在RO/DI水を補充した後に充電を試みている。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント