タヌキのタヌパワー

animal_tanuki.png
餌場を撤去して久しい。
暫くはタヌキが来ていてオシッコを引っかけていたが、最近はさすがに来なくなった。
とはいえ餌の少ないこの時期に、突然餌やりを中止するのは余りに可愛そうかなと思う所もある。
そこで、少し離れた山の中に餌を置いておいた。
ファミリータイプのアイスクリーム(2リットル)の空きケースに山盛りで餌を入れた。
これを置いておいたのだが、翌日見るとアイスクリームの容器ごと無くなっている。
これまでにも容器を持ち去ってしまうことは度々あったが、山盛りに餌が入っているのだから重いし、移動したらこぼれるだろうに。
付近を見たがケースは見つからない。
餌もこぼれていない。

そこで、今度はアイスクリームのケースを木の板にネジ止めして置いておいた。
これなら重いから持ち去れないだろう。
だが、これも翌日には無くなっていた。
タヌキ1匹の力では運べないと思うのだが、タヌキは群れで協力し合うような行動を取るのだろうか。

パンなどを入れておくと、タヌキは咥えられるだけ咥えてどこかに運んでいく。
巣に子供達が待っているのかな、なんて思ったりする。
餌を入れたケースを持っていくのは良いのだが、山に散らかされると困る。
そこでもっと重いもの、28cmの深底フライパンに餌を山盛りにした。
だがこれも、フライパンごとどこかに持って行ってしまった。
3匹や4匹ではとても食べ切れない量を入れたので、やはり巣に運ぶのかなぁ。
途中でこぼさないのが凄い。

タヌ巣には、色々な所から集めて来たガラクタが山のようになっていたりして。
巣の場所を教えてくれたら"出前"してあげるんだけどなぁ。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • イッシー

    いつも興味深い記事で、楽しみに拝見しております。
    ちょうど同じようなことがタイミング良く起きたばかりでしたので、思わずコメントいたします。
    我が家では犬の餌を山盛り入れたボウルごと、きれいに持ち去られました。
    それは後日、近所の道端で発見することができましたが、監視カメラを設置したところ、毎日のようにキツネが来ていたようです。かなりの老犬のため、盗むのも簡単だったのでしょう。
    家庭菜園のトウモロコシも食害がありましたが、決まって少し離れた空き地に食べかすが散らかっていました。
    安心した場所に運んでから食べる習性があるのかもしれませんね。
    記事を読み、タヌキのお家でアイスクリームケースやフライパンが活用されている光景を想像したら、ほのぼのとした気分となりました。
    2021年12月01日 13:02