仕様ではなくバグだったって?

2.jpg
TwitterはWeb版の動作に於ける修正を施した。
勝手に更新され、読もうと思ったツイートがどこかに吹っ飛んでしまう問題を修正した。
これって仕様ではなかったのか?
常に新しいツイートをタイムラインに表示させることこそ有用であり、古くなったツイートを読むことは害に当たると、Twitterは考えているのかと思っていた。
しかし修正が施された。
iOS版も同様に修正されたそうだ。
Twitterは今更仕様なんて言えないよな、バグという事にしておこうと思ったのかも知れないけど。

ただし完全に直ったわけではない。
ホーム、つまりメイン画面での自動更新は停止された。
しかし検索画面では相変わらず自動更新が起こっている。

バグと言えば、DMの表示(バッジ)が消えなくなることがある。
DMが1通来ている表示になるが、DMは何も来ていない。
spamも来ていないし、フォロー外からも来ていない。
と言うか全部消したが、通知が消えない。
キャッシュやCookieを消してもダメ、いったんログアウトして再度ログインしてもダメ。
これは、他のアカウントからDMを送ってそれを読んだら消えた。

iOSでTwitterアプリから勝手にログアウトしてしまうと言うバグも起きていた。
これは修正されたのかな。
世界ではFacebookが主流だが、日本ではTwitterのシェアが大きい。
バグ対応その他、しっかりやっていただきたいものである。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント