椅子は組み立てられた

4.jpg
今度の椅子は大丈夫だった。
組み立ては難しいことはなく、何本かのネジを締めるだけである。
この椅子は株式会社AINEXTが輸入しているものらしく、日本語の説明書が付いていた。
日本の会社が作った説明書らしく、おかしな日本語もなく分かりやすい。
図解入りで間違いようがないくらいに書かれている。

今まで使っていた椅子よりも全体的にクッション性が良い。
座面が完全なフラットではなく、少し中央部がへこんでいる。
ランバーサポートやヘッドレストというか首に当たる部分?は別パーツをゴムバンド的なもので椅子に固定する。
PU(ポリウレタン)レザーなので感触は良い。
これまで使っていた、壊れた椅子は布張りだった。
耐久性がどうなのか、壊れたら又レポートの予定である。

これまで使っていた椅子は分解して切断してゴミにした。
座面になる部分は、放置していたら猫が乗って昼寝していたので取っておくことにした。
バックレスト自体は多少柔らかい、弾力性のあるプラスチックで、切断すると切断面が溶けた。
バックレストを押さえているプラスチックは固く、細かな切断粉が出た。
バックレスと自体は一体ものにメッシュ素材が貼られている。
そのバックレストの半分くらいの長さ(高さ)で、バックレスト下部が二重構造になるように押さえの構造体が付いていた。
バックレスト一体構造でも勿論良いのだろうが、デザイン的なことも考えて二重構造にした感じか。

購入したもの(壊れたもの)は現在は売られておらず、今はこの形になっている。
バックレストを押さえているグレーの部品の高さが高くなっている以外、アームレストは同じパーツだと思われる。
座面は形状が少し異なり、スライドが可能になっている。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント