SOV31とSHV34のバッテリー消費量

1.jpg
Xperia Z4のバッテリーを交換したので、SHV34との比較を行ってみた。
Wi-Fiに接続してYoutube動画の連続再生を行った。
Xperia Z4のバッテリー容量は2930mAhでSHV34は3000mAhだ。
100%まで充電した後で計測を開始、約2時間後の残量はXperia Z4が78%でSHV34が79%だった。
この1%の差は時間と共に開くことはなく一定だった。

Xperia Z4のバッテリー温度グラフが不自然だが、充電器に接続しっぱなし(いたわり充電で100%にならない状態が続いていた)だった為か27℃〜29℃程度で推移した。

本体の発熱は同程度だった。
Xperia Z4はSnapdragon810の発熱問題が取り上げられたが、Snapdragon820搭載のSHV34も余り変わらない。

Antutu9.21を実行してみた。
同じバージョンのAntutuでSoC世代間の差を見てみると、SHV34はXperia Z4の約1.6倍のスコアとなった。
つまり同程度の消費電力で、1.6倍のスコアをマークする進化が起きたことになる。

AntutuはGooglePLAYからはダウンロード出来ない。
公式サイトからダウンロードが出来るが、身元不明のアプリに関する警告が出る。
RAM搭載量が6GB以下の場合は軽量版があるらしいが、特に指定せずに行った。
Xperia1 IIIとその他ではグラフィックのテストが異なった。
(省略された)

Xperia Z4のスコアは89193、SHV34のスコアは140106だった。
GALAXY A7 Exynos 7885+RAM4GB は140884だった。
Snapdragon888+RAM12GBのXperia1 IIIは791402だった。

2019年に発売されたGALAXY A7と、2016年に発売されたSHV34のスコアが同程度だ。
SHV34は当時のハイエンド、A7はミッドレンジの位置づけだった。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • もりした

    中華バッテリー内蔵の温度センサは、サーミスタじゃなくてただの抵抗がはいってることがありますね。以前交換したときにこんな感じでした。
    2021年11月25日 14:00
  • F&F

    最初は温度センサが適当なのかと思って、冷蔵庫に入れてみたんです。
    そうしたら一応温度は下がったので、確度は不明ですが抵抗値は変化するみたいです。
    B定数の違うサーミスタとか、そう言う事かも知れませんけど。
    2021年11月25日 14:39