LANケーブルを換えてみた

5.jpg
LANケーブルを換えた。
10時間以上経ったが100Mbpsには落ちていない。
従来使っていたケーブルは10mで今回引き直したものは15m、使用したのはサンワサプライのLA-FL6-15W、きしめんケーブルである。
銅線は7本より線のAWG30で、通常の丸いタイプのAWG22〜AWG24に比較すると細い。
サンワサプライで最も細いもはAWG36のものがある。
LANケーブルはPOEでない限り大きな電流など流れないのだから、配線抵抗は関係ないと思われるかも知れない。
しかし高周波領域に於いては電流の有無にかかわらず損失がある。
ケーブルにはインピーダンスが存在しているからだ。
LANケーブルの定格インピーダンスは100±15Ωだそうだ。
CAT5eのケーブルでは1MHzでの損失が2.0dB(2.2dB)/100m以下、100MHzでの損失が22dB(24dB)/100m以下とANSI/TIA-568.2-D(ANSI/TIA/EIA-568-B)で規定されている。
CAT6のケーブルでは1MHzでの損失が2.1dB/100m以下、100MHzでの損失が21.3dB/100m以下とANSI/TIA/EIA-568-Bで規定されている。
CAT8では1MHzの損失が2.0dB/100m以下と変わらないが、100MHzでの損失は5.6dB/100m以下となる。

カテゴリー毎に損失のみではなく、リターンロスなどの規格も異なる。
現在は1Gbpsの伝送速度が一般的だが、数年内には10Gbpsに移行していくだろう。

スタンダードなケーブルの場合は劣化も少ないと思うのだが、極細タイプやきしめんケーブルは物理的ストレスに弱い。
ドアの隙間を通したいなどで薄いとか細いケーブルを使いたくなるが、定期的にチェックした方が良いのかも知れない。

1980年代には10BASE-5/10BASE-2の同軸ケーブルが一般的だった。
同軸ケーブルにトランシーバと呼ばれる機器を接続し、トランシーバとネットワーク機器間をAUIケーブルで接続する。
トランシーバを使わず、AUIケーブルだけでネットワークを構成する事も不可能ではなかった。
1990年代になると10BASE-Tのツイストペア線が主流になる。
10Mbpsの信号をツイストペアで送れるのかと思ったものだが、程なくして最大伝送速度は100Mbpsに向上する。

一般に100BASE-Tが普及したのは2002年頃からだと思う。
各メーカ共に実効スループットが80Mbpsだとか90Mbpsだなどと謳った。
無線LANは802.11gのMIMOで100Mbpsを超えたのが2005年頃だ。
この頃にはGbEが普及しはじめるも、HUB等は未だ高価だった。

2010年頃にはPCのEthernetインタフェースも1000BASE-T対応となる。
ルータやHUBなども、普通に買えば1000BASE-Tのものといった感じになる。
データセンターなどでは10GbEが使われはじめるも、消費電力の多さや価格の高さが問題とされた。

現状では2.5GbE対応製品が増えてきたし安価になってきている。
ただ消費電力とそれに伴う発熱問題もあり、いわゆる家庭用の製品は安定度が今ひとつのものもある。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • shii

    現実では多少ケーブルが痛んだところで
    エラー訂正などで遅くなるが使えてしまうので
    ケーブルの痛みが認識しにくいですよね。
    ソフトウェア的に簡単にケーブルの品質を測定できれば
    取り替える機会になるのですが。
    2021年10月21日 16:03
  • Beep

    >定期的にチェックした方が良いのかも知れない。
    テーブルタップも怖いですね。
    自宅のネットワーク先のPCが見えなくなったので調べるとハブの電源が付いていない。
    元のAVタップのネオン付き電源スイッチが内部にもげてました。(火事にならなくて良かった)
    一応国内メーカー(TEAC)だったのですが、樹脂は安っぽかったです。
    とりあえず地元の家電量販店で代替品を購入したのですが、まともな3PなOAタップは3K近くと随分高くなったものです。
    エレコムの7口3P抜け止めOAタップなんて秋葉原のソフマップあたりで千円しなかったのに。
    (ノートPCの周辺機器内臓とUSBバスパワーが増えたせいなのかも)

    LANケーブルはWin95でネットワークが簡単に使えるようになってビルの外周這っていた10Base-5撤去してあちこちのPCを
    繋ぐために毎日10Base-Tケーブル作っていた思い出
    出張先のプレハブ事務所とか10Base-2が残っていて後ろ触るとビリビリ痺れたり
    100Baseは既設の10Baseと混在できるスイッチングハブが安価になって置き換えが進みましたね
    2021年10月23日 01:10