ひげ剃り

1.jpg
私はヒゲが濃くないので、ひげ剃りには余り拘らない。
今はジレットの5枚刃のものを使っている。
替え刃単体で買ってもホルダー付きを勝手も価格が変わらないので、毎回ホルダー付きに買い換える。
ジレットでもシックでも私自身は違いが明確ではないのだが、シックの方が刃の切れ味の低下の仕方が急な感じがする。
ジレットは徐々に徐々に切れなくなるので替え時が分からない。
シックはある程度まで切れなくなると、急に切れ味が落ちる感じがする。
なお切れ味が落ちるまでの寿命の差もよく分からない。
そもそも週に2回くらいしかヒゲを剃らないわけで、刃を替えるのも数ヶ月毎なのだ。
ジレットによれば刃の交換は1ヶ月毎とされるのだが、ガソリンスタンドが3,000km毎にオイル交換をしましょうと言うようなものかな。

現在使っているものの替え刃がなくなってしまったので、新たに買わなくてはいけないなと思った。
そもそもたまにしか買わないので、ひげ剃りの価格がいくらなのかなど覚えていなかったりする。
今回はAmazonで価格を見てみた。
全体的にシックの方が安価だが、ジレットも並行輸入品なのか偽物なのか安いものがある。
シックは替え刃が16個付いて2,980円のものがあった。
ジレットは替え刃が14個付いて3,552円だった。

ちなみにホームセンターやドラッグストアでは、替え刃5個付きで3千円前後の価格だ。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • うにいくら

    ドラッグストアなどで置いてないことも多いですが、海外モノに比べると半額以下とコスパいいので貝印のXfitを使っています。
    ヘッドの可動域をゴム?で実現しているため、持ち手の部分も定期的に交換することになってます。
    エコじゃないかもですが、衛生用品なのである程度で使い捨てるのは良いかなと。
    2021年10月18日 13:40