砂防ダムの工事

1.jpg
2期目となる砂防ダムの工事が行われている。
前回の工事よりも早いペースで整地が進む。
山側の木を伐採したり、大きな岩を砕くためか大型のエアコンプレッサのようなものも運び込まれている。
手前側にはダム湖を掘って余った土が積まれ、スロープ的な所が拡大されている。
これにより前回の工事の時よりも大型の重機が導入出来るようになった。

2017年は10月の1ヶ月間に600mmを超える雨が降った。
2018年は9月の1ヶ月間に600mmを超える雨が降った。
2019年は10月の1ヶ月間に600mmを超える雨が降った。
2020年は7月の1ヶ月間に600mm近くの雨が降った。

今年は7月/8月/9月に、それぞれ300mmを超える雨が降っているが、600mm前後の雨は降っていない。
300mm前後の雨が降ったのは、2018年では7月(400mm弱)、2019年は7月と8月、2020年は6月と10月だ。
年間降水量で考えると、今年は今のところは雨が少ない。
2017年や2019年は10月に台風接近に伴う大雨が降っている訳で、今年の降雨シーズンがこれで終わるかどうかは分からない。
大雨が降ると砂防ダムにも水が溜まるので、重機は避難しなければならなくなる。

夏の間に生い茂った草は綺麗に刈られた。
今回の工事は、前回よりも上流側にまで広げられている。
川の両岸を結ぶような橋みたいな構造物も作られている。
深く掘るのではなく、広く掘るのか。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント