マイクロフォン

ff8.png

◆ マイクには色々な種類がある。昔の電話機にはカーボンマイクが使われていた。振動板(電極)と固定電極の間にカーボン分を入れ、振動電極が震える事による粉体カーボンの抵抗変化を検出する。音圧に対する抵抗の変化量が大きく、つまり音圧変換効率が高い。

◆ クリスタルマイクがある。振動板をロッシェル塩などの圧電素
 …続きを読む

この記事へのコメント