スカイウエイブのプラグ交換

3.jpg
スカイウエイブ(CJ43)のプラグ交換は面倒だ。
サイドカウル(と言うのかな?)を外せば良いのだが、それを外すためには結構バラバラにしなければならない。
あとは狭い隙間から、車両付属のプラグレンチ(接続部は抜けやすいのでテープで留めておくのが良い)を突っ込むか。
外したプラグが写真のものである。
中心電極のエッジはあるので未だ使えるが、外したついでに交換する。
7番プラグが付いていたのだが、購入したのは8番だった。

接地電極側が中心電極のカーブに合わせて減っているようにも見える。
最も距離の短い所で火花が飛ぶわけだから、接地電極は中央部だけが使われる事になる。
プラグによっては接地電極を(中心電極に合わせて)カーブさせたものもある。

BOSCHはこんな変な形にしている。

昔からある沿面放電タイプ、ロータリエンジンに使うようなものではなく、一般車用だ。
これは空間で放電するタイプではない(プラグ近くのギャップで放電する)ので、着火性が良いのかどうかよく分からない。

バイク用プラグで、パワーアップと燃費節約が謳われている。
トヨタの、アルミシールで空気抵抗云々みたいなものか。
バイク乗りは、プラグを外してリュータで接地電極を削ればパワーアップ間違いなし?!
エンジン内の気流の動きは複雑なので、接地電極が気流の抵抗になるケースは希だと思われる。
その希な事に対する対策でエンジンパワーが上がるというのだから、トンデモ理論とは言わないけれど、ちょっとアレだな。

それより効果があるのは穴開け加工だ。
接地電極の中心電極の真上に当たる部分に細いドリルで穴を開ける。
中心電極が細いプラグなら中心電極はそのままに、中心電極が太いプラグの場合は中心電極にも穴を開ける。
これによりエッジが増えて着火性能が良くなる。
点火性能に敏感なバイクにお乗りの方は、一度試してみると面白いかも。

その他、色々なプラグが売られている。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • レオナルドクマー

    昔は、接地電極の向きを揃えるとか言ってたような?
    むしろ、適当に乱流を起こした方が燃焼が早くなったりしてw
    オーディオの世界の臭いを感じる話し。
    2021年10月10日 23:01
  • 吉十浪

    40年くらい前に「改造Xプラグ」なる物がありました。
    右手の法則でタキオンパワーがどうとかだったと思います。
    難しい理屈は分かりませんが簡単に自作できるので試したら、手動チョークを戻す時間が大幅に減ったりと確かな効果がありました。
    その後、EFI化や電極の細いプラグの出回りでいつしか自作はしなくなりました。
    2021年10月22日 07:32