原付は軽くて小さくて面白い

27.jpg
パワーが無いのは仕方がないとして、50ccの原付は小さくて軽くて機動性に富んでいる。
狭い道だって入っていけるし、そこが行き止まりでも持ち上げて向きを変える事も出来る。
レッツ4パレットは62kgなので、持ち上げるには重いが引きずる事は出来る。
今回整備中に後輪を外してしまったので、後ろを持ち上げながら移動した。
125ccクラスになると130kg前後と、50ccスクータの2倍の重さになる。
長距離を走るとパワーがある方が楽なのだが、面白さという点では50ccかなとも思う。

今回レッツ4パレットに乗ってみて思ったのは、ブレーキが結構利かないなと言う事。
レッツ5の時には何も思わなかったのだが、レバーをギュッと握ってもタイヤがロックするほどは利かない。

レッツ5は余り乗らずにシグナスに移行してしまったので、タイヤを交換した事はなかった。
今回レッツ4のタイヤ交換を行うのだが、原付だと後輪のホイールを付けたままタイヤだけを外して交換できるそうだ。
小さくて細いタイヤだから脱着は簡単だ。
ホイールを残したままのタイヤ交換はコツが要るらしいので、今回はホイールは外した。

タイヤ交換しようと思ったらタイヤレバーが見当たらない。
スカイウエイブのタイヤを組んだ時に使ったのに。
うーん…

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント