腸憩室(5)

1.jpg
昨晩は足のツボを押しても余り痛くなくなっていた。
今晩あたりから復食で良いかもしれない。
病院ではおもゆから始まって、数日かけて普通食になっていく。
絶食をすると少ない食物から極限まで栄養を吸収しようと体が働くのと、胃腸に負担をかけないために通常食に戻すまで2〜3日かける。
重湯やお粥を食べれば良い(レトルトものが便利)が、個人的にはスナック菓子など良いのではないかと思う。
かっぱえびせんみたいなヤツは穀物のカスみたいなもので出来ているわけだし、適度な塩分もある。
しかも噛めば溶けてしまうので、消化も悪くないのではないか。
これに、昨日コメント欄で教えて頂いたオニオンスープを昼食メニューにした。
夕方には重湯、明日はお粥にするかな。

トラネキサム酸に関してもコメントを頂いた。
入院したときの点滴がトラネキサム酸だった。
止血効果と抗炎症効果がある。
トランサミン500mgが薬品名だが、個人輸入で買うには時間がかかる。
次に医者に行ったときに頓服用に出して貰えないか聞いてみよう。
薬科16.2円なので、個人輸入で買うよりも安い。

とりあえずはドラッグストアで売られていた、抗炎症薬のペラックT錠を買ってみた。
最大服用量は6錠で、6錠中のトラネキサム酸は750mgとある。
成分はトラネキサム酸とカンゾウエキス、他はビタミンB6/B2/Cとなっている。
これなら絶食時の(多少の)ビタミン補給にもなりそうだ。

トランシーノIIが含有量が多いとも教えて頂いた。
トランシーノIIだと4錠で750mg(750mgは一日摂取量の限度)になる。
トランシーノIIは750mg分で約100円、ペラックT錠は同約183円と高い。

入院時は止血が確認された翌日には全ての点滴が中止された。
なので、一度出血が止まればとりあえずは大丈夫なのだろう。
ただし2年再発率は4〜5割と高い。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント