腸憩室(2)

tenteki_stand_boy.png
昨日は安静にして過ごしていた。
医者に行くと入院になってしまいそうなので、絶食して様子を見る。
前回はかなり出血があり、貧血気味になるほどだった。
今回は下血もほぼ収まっているので、たぶんこのまま回復するだろう。
腸に負担をかけてはいけないので2〜3日は絶食が必要だ。
水は飲める。
前回もそうだったのだが余り空腹感が無い。
前回は点滴で止血剤や栄養補給がされていたので、それで空腹感が無いのかなと思った。
しかし今回も同様なので、腸に異常があると空腹感を感じない自己防衛みたいな事が起きるのかも知れない。
なお1日の絶食で体重は1%〜1.5%程度減少する。
出血があるとそれ以上体重が減る感じがするが、単に気のせいなのか?血液製造のためにエネルギを使うのかは不明だ。
出血自体では体重は余り減らないと思う。
出血があったとしても血液量そのものが減るのではなく、減った分は体液で補充される(血液は薄くなる)からで、体液は水を飲んだその水分などから作られるのではないだろうか。

腸の異常でも胃でもそうなのだが、実は足のツボでそれを感じる事が出来る。
腸のツボなど普段は押しても何ともないのだが、今は軽く押しただけで凄く痛い。
普段から足のツボを押す習慣があると、腸が弱っているかな?とか胃に負担がかかっているかな?と分かる。
胃が痛いときなどにツボを押してみるとよく分かる。
ただツボを押してそれが治るのかどうかは定かではない。

で、今は腸のツボはどうかと言えば、軽く押しただけで痛い。
ただし押して痛い範囲が狭くなった。
昨日は腸のツボ周辺のどこを押しても痛かったが、今日はツボを捉えないと痛くない。
ただ痛い事にかわりはないので、まだ治っていないんだな。

こんな感じのボードが売られているが、余りお勧めしない。
色々なツボをいっぺんに押しても、何が何だか分からないからだ。
むしろゴルフボールやB玉の方が分かりやすい。
アルインコってこんなもの作ってるんだと、感心するが、こんなものも良いかも。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント