散水栓を増設する

2.jpg
南側に水抜き栓がある。
冬季の凍結防止用に配管内の水を抜くためのものだ。
メインの水抜き栓は駐車スペースの所にあり、それを廻すと上水道側が閉まって水道配管が下水側と接続される。
南側にもあるのは、メインの水抜き栓より配管が下にあるところの救済用だろうか。
いずれにしても使っていないので、ここを散水用にする。
元々バルブが付いているのだが、パッキンが駄目になっている。
ギュッと締めてもポタポタ水が流れ落ちるので、バルブ用のレンチでキツく締めていた。
パッキンを交換すれば良いと思うのだが、この手のバルブは基本的には分解を想定していないのだとか。
分解は出来るが、組み立て後に水漏れが起きる事が多いらしい。
ネジでの嵌合部分にガスケットが使われておらず、一度分解すると金属同士の接触面から漏水するのだとか。
まあ液状ガスケットでも塗っておけば良いと思うのだが、そもそもパッキンは売られているのだろうか。

このバルブの代わりに蛇口を付けて良いのだが、それにはメス-メスのアダプタが要る。
と言うことで、バルブはそのままその先に蛇口を付けることにした。
バルブは継ぎ手の代わりである。

バルブには排水用の管が付けられているので、まずはこれを外す。
最初にバルブの所から外そうとスパナをかけたが、配管が奥にある排水管にぶつかって回らなかった。
と言うことでパイプレンチでバラバラにする。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント