少し離れたところの木を切る

1.jpg
西南西に生えている木々を切った。
ヒノキを大小合わせて10本ほど、松を1本、その他落葉樹を10本くらい切った。
写真は左上が木を切っていない状態、右下が現在である。
重なり合うように高密度で木が生えているので、少々切ったくらいでは景色が余り変わらず、間違い探しの画のようだ。
大きな木をあと5本切ると、画面中央寄りの木が無くなってスッキリする。
2本はヒノキなので切れない事はないが、急斜面に生えているので切りにくい。
更には倒す方向に悩む。
3本は松の木で、枝が張りだしているので思った方向に倒すのが難しい。
1本の松はほぼ枯れていて、もう1本は幹がかなり曲がっている。
ヒノキ同様に急斜面に生えている。

別荘地には松も少なくはないが、枯れようとしている松が多い。
切り倒した松も幹に虫が沢山付いていて、枝は折れ、葉が茶色になっている部分が見られた。
松は枝が張り出すので切るのが難しい。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント