地震の起きる確率

2.jpg
各地域に於ける地震発生の確率はこちらで見る事が出来る。
スクリーンショットは震度6強以上に見舞われる確率を色で表している。
地盤の強度だとか断層の位置、震源地などで確率が変化している。
地図上の黄色の色のエリアで地震が起きるのは、千年年から3万年に一度の確率だ。
オレンジ色の所は千年から5百年、赤は100年、紫はもっと確率が高い。

千葉県の海岸沿いや東京の東部から北部にかけて、静岡県西部、名古屋の辺りなどが紫に塗られている。
範囲が広いのは静岡県西部の浜松辺りである。
広範囲で強い地震が起きると被害も大きくなり、復旧にも時間がかかる。

予測の地震規模を震度6弱以上にすると、太平洋側の多くの地域が高確率エリアになる。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント