eSIMに反対するドコモ

sim_card.png
eSIMを推進したい総務省に対して、ドコモは反対の立場を取る。
ドコモに言わせればsSIMをコピーされてクローンを作られると困るという訳だ。
物理SIMでもクローンは作れるのだが、クローンを作ったところで事業者側に検知されて無効化されてしまう。
これはeSIMにおいても同様であり、ドコモの言い分に説得力が無い。

ahamoなどはネットで完結、ショップ対応無しを謳うのでeSIMの方が相応しい。
2017年頃、eSIMが一般的になる以前にはドコモもeSIMの展示などを行っていた。
もしかするとドコモ版eSIMはスタンダードなeSIMと異なるのかも知れない。

2018年頃にはeSIMに対応したiPhoneに関して、ソフトバンクもeSIM対応を検討するとした。
しかし加入者流出が容易になる点を心配したのか、未だにeSIMには対応していない。
契約縛り、ローン縛りなど、がんじがらめに固めなければ利用者が減ってしまう。

eSIMと共に語られる事のあるeKYC(electoronic Know Your Custmer)、楽天モバイルは日本ではじめてeKYCを云々と言っていたが後にそれを引っ込めた。
移動体通信事業者でははじめてかも知れないが、LINE関連サービスなどは少し前からeKYC対応だ。
eKYCは免許証などと本人の照合を取る仕組みで、免許証を傾けて写真撮影する事でコピーではない事を確認したり、自分の顔を左右や上下に動かして写真撮影する事で、それがホンモノの人間である事を確認する。
こうする事で電子的に本人確認が完了し、本人確認書類などの郵送を行う事無く契約を進める事が出来る。

そう言えばLINE証券だっけ、登録をすると4千円分の株が貰えるのは。
何か登録したんだよなぁ、登録できると通知が来るのかな。
友達を紹介するとLINEポイントが貰えるとかで紹介したのだが、紹介システムがダウン中ですみたいな、情けない状態に陥っていた。
お知らせ一覧を見ると昨年の7月頃からずっとメンテナンス中だとか。
実質的にポイントなど貰えないのにキャンペーンを謳っているのか?
そんな調子だからLINE証券の登録自体も遅いのかも。
このLINE証券もeKYCになっている。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント