積雪とカーポート

3.jpg
北関東から甲信越地方では大雪に見舞われている。
積雪によって通行が困難になった道路での立ち往生も発生している。
トラックなどの物流関係の方は雪が降ると分かっていてもその道を通らないわけにはいかない。
通行止めになれば仕方が無いが、そうでなければ荷を運ぶ使命がある。

大雪によって屋根が壊れた家屋や駐車場、商業施設などもある。
壊れたカーポートの上には1mを超える積雪があったそうで、ポリカーボネイトの屋根のものだったので耐積雪量は50cmの筈だ。
50cmを超えると折板屋根のものとなり、ウチで使っているものは耐積雪100cmのものである。
新潟にお住まいの方のカーポートの写真を見ると、柱が6本なので150cm対応だと思う。
200cmのものだと柱が8本(カーポートのサイズによっても異なる)になる。
アルミ製ではなく重量鉄骨を使ったものも使われ、これだと柱は4本で良いようだ。

50cm規格のものが50cmの積雪で壊れてはダメなわけだが、2倍以上の雪の重みに耐えるのは凄いなと思った。
一般的な20cm規格のものでも40cm位まで耐えるのだそうだ。
ただ雪は水分量などによって比重は大きく異なる。
積雪量が増えると下の雪は圧縮されるので、余計に重くなる。
設計余裕度はメーカや形状(片持ちか否かなど)によっても異なる。

横浜の時には普通の20cm対応のものだったので、雪が降ったら雪下ろしをした。
何しろ雪の重さでたわむのが分かるくらいで、中央部を棒で支えるなどもした。

屋根から落ちた雪で怪我をされたり命を落とす方もいる。
雪なんかふわっとしているのにと思いがちだが、屋根に積もった雪は圧縮されて氷のようになっている場合がある。
氷の塊が落ちてくると思えば、それは恐ろしい事だ。
ふわっとしているのは表面だけで、下の方は岩石と同じなのだ。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント