ヒノキの香り

2.jpg
ヒノキは香りが良い。
切り倒した、細めのヒノキの幹を輪切りにした。
ヒノキの皮は簡単に剥がす事が出来る。
高圧洗浄機でブシューっとやっても剥がれるし、ノミで突いても剥がれる。
輪切りにすると大抵の木は乾燥で割れてしまう。
中心部と周辺部の収縮度合い(乾燥の速度)が異なるからか、ヒビが入る。
内部が過度に乾燥しないように、ニスや樹脂を塗っておくと割れにくくなる。

もっと割れにくくするには木を水につけておく事だ。
乾燥によって割れるので、乾燥しなければ割れない。
しかし水につけたままでは木材を使う事が出来ない。
そこである程度の時間水につけた後で、水から引き上げて乾燥させる。
この時には芯に近い部分も外側も均一に乾いていくそうで、収縮率の違いがおきにくいのでひび割れしない。
丸太のままだと何年も水につける必要があるが、輪切りの場合は1ヶ月くらい水につけておけば大丈夫だ。

木を水に浸けておくと浸透圧などによって、樹液と水が徐々に入れ替わる。
こうすると木を水から引き上げたときに、内部の水分が均一に抜けやすくなり、乾きも早く割れにくい。

この輪切りは浴槽にも入れている。
最初は浮いているが、2〜3週間すると水が浸透するのか沈んでしまう。
ヒノキの香りの風呂というわけだ。

切ったばかりのヒノキは樹液が多く出る。
風呂に入れると風呂の水が多少黄色っぽくなる。
樹液は水には溶けない(松ヤニみたいなもの)、ベタベタした感じのものだ。
木を切ってしばらく放置するとか、水にしばらく浸けておいてから風呂に浮かべるのが良い。

ヒノキの輪切りや切れっ端は、ヤフオクなどでも入手できる。
ヒノキ自体の価格など無いようなものだが送料がかかる。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • 安芸区の飛び丸

    丸太を海水に漬けると浸透圧の関係である程度乾燥すると以前叔父に聞いた事があります。
    2021年01月11日 17:56