楽天モバイル安売り中

3.jpg
加入者を増やしたい楽天モバイルは、スマートフォンも含めて全額ポイントバックキャンペーンを行っている。
終了時期は未定だそうだ。
楽天と関わるのが嫌だという人も少なくないとは思うが、お得な事は確かだ。
メインで利用しているスマートフォンの月間データ使用量を節約し、ランニングコストダウンを行う事も出来る。

新規申し込みに限られるが、スマートフォン(Rakuten Hand)代も初期費用もポイントバックされる。
楽天の公表している仕様が本当ならば、ドコモでもauでもソフトバンクでも3BAND以上に対応する。
ただしeSIMオンリーなので、実質的に使えるのMVNO事業者は限られる。
SoCはSnapdragon 720G、Antutuスコアは27万程度なので普通に使える。

楽天を使っている人なら楽天ポイントも使い道があるが、Amazonオンリーな人はどうするか?
まあ生活必需品などを楽天ショップで買って使ってしまうのが早いのだが、楽天カードを作って5,000ポイントもらった上で買い物をする。
その買い物の支払いに楽天ポイントを充当できる。

ポイントバックと言っても使った分が戻ってくるだけ(楽天カード分は丸々貰える)なんだけど。
ポイントバックではなく、ソフトバンク式にキャッシュバックにすれば加入者は間違いなく増える。
楽天モバイル利用者の多くは楽天会員では無いそうだ。
そんな人が楽天ポイントを貰ったって面白くない。
楽天としてはポイント失効などを狙っているのかも知れないし、楽天で何かを買ってくれると思っているのかな。

GoToがどうなるのか不明だが、楽天トラベルでポイントを使う手もある。

モバイルだけでなく、FTTHも1年間無料になるが、3年縛りなので十分注意する事。
解約料は9,500円取られる。
楽天モバイルの契約がないと、1年間ゼロ円キャンペーンが適用されない。
初期費用の1,980円は無料にならない。
マンションなら1年間で50,160円お得、戸建てだと63,360円節約できる。
UN-LIMITとFTTHで1年間に限り最大102,696円分がタダになる。
加入者集めになりふり構わずと言うか、ヤケクソ的な展開だ。
○○Payのばらまき競争みたいな消耗ビジネスになっている。

ソフトバンクの場合はiPhoneを高額キャッシュバック付きで配りまくったわけだが、それを通信・通話料で回収した。
徹底的な解約阻止などで縛り付けた。
楽天の場合は回収の手立てが無い。
無料期間だけ使い、その後解約されたらアウトなのだ。
エリアや品質がマトモなら試用ビジネスが成り立つが、今の状態ではゼロSIMと変わらない。

楽天カードは高額のポイントバックを行って加入者を増やしたが、楽天モバイルも同じ道を行くのか。
最近楽天カードのCMを見ないのは、楽天本体が赤字だから?
楽天ショップ以外での楽天カード利用率は高くないようで、5,000ポイントをもらうためには楽天ショップ以外での買い物が必要だったかも。
結局の所5,000ポイントを貰ってそれを使ったら、あとは楽天カードなど使わないよと言う人が多いのだろう。
楽天で買い物をする人は楽天カードを使った方がお得だ。
楽天カードを使うとカード利用速報メールが来るので、不正利用された場合などはすぐに分かる。
その代わりspamも来るのは他記事で書いているとおりであり、Gmailで専用アカウントを作って必要なものだけを転送するなりした方が良い。

spamが多いのは楽天カードで、次が楽天本体、楽天モバイルはspamを出すほど余裕がないのか、静かなものだ。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • おぼう

    楽天ポイント、特に期限付きだと、
    「やだなー買いたい物ないよ。楽天には。」
    ってなりますよね。
    で、見付けた方法。
    出光での給油に使えば良いみたいです。
    手元のポイントを使い切れて、すっきりしました。
    (クルマに乗らない人、近くに出光がない人などは使えない方法ですが)
    2021年01月08日 12:57