桜問題は動き出すのか?

ohanami_group.png
法律を改正してまで東京高検検事長を引き留めようとした安倍前総理だが、黒川氏は自爆した。
自爆が本人の思いであったのか、或いは事故だったのかは定かではない。
いずれにしても、黒川氏が去ったことで安倍前総理の心労は増大することになる。
以前にも書いたように、自分のやりたいことをやる分にはストレスは感じない。
趣味に没頭するあまり徹夜をしてしまったとしても、肉体疲労は残るがストレスには成りにくい。
しかし、些細なことであっても自分の思い通りにならなかったり、隠し事が発覚してしまうような場面で人は強くストレスを感じる。

桜問題にしても、何とかもみ消そうと総力を挙げたのだろう。
しかし黒川氏がいなくなったとなれば、総理側からの抑止が効かなくなる。
検察は真実に向かって動こうとしてしまうからだ。
これでは内閣府トカゲ役の尻尾を切った位では済まなくなる。
桜問題のみではなく、学園問題も何とかして欲しいものだ。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント