棺桶とは高価なものらしい

ff8.png

◆ 人は必ず死ぬので火葬が必要になる。日本では棺桶に入れて運んでいかないと火葬して貰えない。どうせ燃やしてしまうのだからと言っても、何らかの箱は必要になる。

◆ 自宅で亡くなる方もいると思うが、大抵は病院で息を引き取るだろう。すると病院提携?の葬儀屋がやってくることになっている。葬儀屋から病院にインセン
 …続きを読む

この記事へのコメント

  • ymo

    義妹の子供が、生後2週間程で突然死で亡くなり、里帰り出産先から自宅へ戻ってから棺桶へ入れたいということで、抱いて帰りたいという相談をしたら、かなり難色を示されたそうです。
    霊柩車や葬儀社の車以外で運ぶと、事情を知らない人からすると、死体を運搬していると見えるためだそうです。
    私的には、葬儀や火葬は最後のセレモニーという点と、衛生面などから良いと思いますが、お墓や仏壇は不要かなと思っています。
    2020年11月26日 01:25
  • レオナルドクマー

    殆どが中国製で、現地の仕入れ価格は、ほとんど一緒って
    話しでは?
    尼だと中国発送なんですかね?
    最近は、高級感を出す為に、表側にも布張りのものが有りますけど、その分本体の材質は落とせるでしょう。

    葬儀屋は、町内会割引とかあるはずなんで、定価よりは安くなるはずです。
    病院も地元の病院なら、対象に入ってて選択できるんじゃないかと。
    自宅でお亡くなりになると、検視とか色々と面倒な問題が発生すると思われます。

    家族葬が多いのは、お亡くなりになるのは高齢者が多いので、参列する、親戚(兄弟姉妹)、知人も高齢で自力歩行できなかったりするからではないでしょうか?
    伯父(叔父)、伯母(叔母)の葬式に出るのが、殆ど従兄弟みたいな。
    2020年11月26日 14:01
  • 家族葬が多いのは、セッテイングが大変だからだと思います。
    葬儀屋に参列者の人数を決めるように言われるんですよね。
    その日にならないと来るかどうかわからない人を参列させるような葬儀はセッテイングしようがないので、来ることが確約できるひとだけで行おうとすると、家族葬になっちゃうんです。
    2020年11月27日 13:12