アプリ設定サポート

4.jpg
ドコモはアプリ設定サポートを開始する。
特定のいくつかのアプリのインストールと初期設定やデータの引き継ぎをサポートする。
料金は税込み1,650円と安い。
本来であればアプリの提供業者がサポートすべき内容を、ドコモはドコモ契約者向けに代行サポートする。
いわゆる第三者によるサポートになるわけだから、技術料相当分と考えれば1,650円は安いと思う。
設定やデータの引き継ぎに1時間を要するとすれば、最低でも8,000円くらいは取らないと人件費も出ない。
iPhone購入者にmicroSDを売りつけたり、謎の頭金で儲けようとするのなら、こうした技術料で正当な利益を上げてほしいものだ。

PCなどの設定代行やサポートサービスは、ISPや回線業者が行っている。
スポット契約では数千円と高いが、月額課金では数百円になる。
スマートフォンに関しても、今後こうした有料サポートサービスは増えるだろう。

有料設定対象の中にモバイルSuicaがある。
実はSuicaに関する設定がうまく行かなかったことがあった。
スマートフォン側の設定によってSuicaアプリの一部が正常に動作しなくなる。
これをドコモに聞いてみたのだが明確な回答はなかった。
スマートフォンの故障は疑われた。
しかしSuica側に問い合わせると事象は理解しているようで、スマートフォンのここの設定をこうすれば直りますよと応えは明快だった。
アプリ制作側なのでアプリに関して詳しいのは当たり前だとしても、個別のスマートフォンの設定まで知っているのが驚きだった。
Suica動作認定を行う際に、あらゆる設定で試すのだろうなと思ったものだ。

別件でも同じようなことがあった。
スマートフォンの何かのアプリを無効化すると、動画のストリーミング再生が出来なくなった。
と言っても全てではなくYoutubeなどは問題が無いのだが、ドコモ関係のページの動画を再生しようとするとダウンロードになってしまう。
ドコモショップに行くとスマートフォンの故障だと言われて交換された。
しかし実際には故障ではなく、アプリ設定の問題だったというわけだ。

ドコモは自社で販売するスマートフォンの設定すら知らなかったことになる。
それで本当に有料サポートが出来るのかなと、その辺りは心配だ。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント