洗濯機のストレーナもチェックしてみる

2.jpg
以前に使っていた東芝の洗濯機はストレーナを掃除した。
洗濯にやたら時間がかかるようになり、チェックすると給水量が減っている感じがした。
風呂水ポンプで給水した方が早いような。
で、給水ホースを外したところにあるストレーナを見てみたら、結構ゴミが溜まっていた。
これを掃除すると洗濯やすすぎ時間が大幅に短くなった。
電磁バルブなどが使われている機器では、バルブにゴミが噛んだりしないようにストレーナが付いている。
そこに水道配管(敷地内の配管は塩ビだろうが、道路下の配管など)のゴミや錆などの細かなものが付着する。
毎年掃除するようなものではないが、数年ごとにチェックしてみるのは良いかもしれない。

現在使用しているPanasonicの洗濯機は、まだ2年くらいしか使っていない。
でもついでなのでストレーナを見てみると、何か白いものが付着している。
他にも多少細かなゴミ的なものが付いているが、詰まっていると言うほどでもない。
Panasonicによればストレーナは外さずに掃除をしろと言うことなので、この白いものを除去した。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント