ご機嫌斜めの猫

3.jpg
このブルー(ブルーは猫の灰色のこと)のメインクーンのご機嫌が悪い。
呼べば来るし、お手もする、賢い猫なのだがどうも気難しいところがある。
そのくせ膝に上がって喉を鳴らしたりと、まさに猫的勝手気ままな猫なのだ。
先日この猫を洗ったのだが、少し風邪気味になったのか?食欲がなかった。
一昨日は回復の兆しだったのだが、昨日は又食欲が無い。
体調がベストではないのか?のか他の猫に当たり散らす。
当たり散らすくらいだから強いのかと言えばそうでもなくて、反撃を食らってお腹を見せてひっくり返ることもある。
少し心配なので、今日は夕方にでも動物病院に連れて行こうと思う。

この、自分から手を出すくせに負けちゃう例は他の猫同士でも見られる。
小柄なベンガル猫は、じゃれつくつもりでか他の猫の頭をポンポンと叩いたりする。
叩かれた猫のご機嫌が良ければそれで済むのだが、機嫌が悪いと反撃を食らう。
反撃を食らうのだからやめておけば良いのにと思うのだが、猫的には何か考えがあったのだろう。
遊んでくれると思ったのかな。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント