武蔵小杉問題

saigai_yukaue_shinsui.png
昨年の大雨で浸水被害の出た件のマンションの住民は、修繕費や慰謝料などを川崎市に求めるのだそうだ。
裁判の行方は分からないが、これが認められたら各地域での水害が行政の責任とされるのかも知れない。
一部からは"狂った住民達の住むタワマン"とも呼ばれている物件だが、前向きな取り組みもあるのだとか。
住民から専門家?を集めた災害対策チーム的なものが結集され、今後の災害対策などに対して意見を出しているという。
チームは階層に拘らずに有識者を集めたという所が凄いのだとか。
他の地域はどうなのかよく分からないが、武蔵小杉では何階に住んでいるのかが特に重要なようだ。

今年は台風も来なかったし、とりあえずは一安心と言える。
しかし来年も安心出来るとは限らない。
武蔵小杉に嫌気がさして引っ越してしまったのは余裕のある世帯、裁判だと騒いでいるのはどうにもならない世帯だと言われる。
住みたい町ランキングへの影響も気になる、タワマンの住民達である。
川の向こうは田園調布、やっぱり高台は良いなと見ているのだろうか。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • でも、田園調布も浸水しましたよね
    2020年10月18日 19:25
  • F&F

    田園調布の坂の下の方は水害がありましたね。
    大田区がその後3億円だかで土地を買ったとか?水防施設を作るとか?そんな話があったような。
    2020年10月18日 19:44