ボールペン

10.jpg
ちょっとしたメモなど、ボールペンで書くことが多い。
以前はシャープペンを使うことが多かったが、芯を出さなければいけない&芯が折れることがあるので今はボールペンが多い。
どこかで貰ったようなものから100円ショップでまとめ売りされているものなど、色々なものがある。
その中で比較的書き心地が気に入っているのが、このZEBRAのClip-on multiである。
芯部分は他のモデルと共通かも知れないので、ようするにZEBRAの油性ボールペンが良い感じ、と言うことになる。
これはエマルジョンインクなのだろうか。

一時期は水性ボールペンも使っていた。
油性ボールペンの品質が余り良くなかった頃、インク垂れの少ない水性ボールペンは中々良かった。
細い線も綺麗に書けたのだが、書き心地になめらかさが足りない感じはした。

最近の油性ボールペンはインク垂れは皆無となり、水性ボールペンのような固さもない。
更にはゲルインクの欠点とされた乾きの遅さを改善したものもある。
筆圧に応じてインクの量を調整する機能を備えた三菱鉛筆の水性ボールペンの、ユニボール エアはユニークだ。

ボールペンはインクを重力でボールに誘導する仕組みなので、加圧機能の無いものは上向きで使用することが出来ない。
一方で加圧式のものは重力をアテにしないので上向きでも横向きでも、表面がざらついた紙にでも、多少湿った紙にさえも書くことが出来る。
国産だとパワータンク/三菱鉛筆、ダウンフォース/パイロット、エアプレス/トンボがある。
書き心地としては最近のスムーズ系とは異なるが、どんな時でも書きたいという方にはお勧めだ。
海外製だとガス式のカートリッジを使ったものもあるが、国産はノックの力を利用してピストンで空気を圧縮する方式が多いと思う。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント