電波は意外に届かない

3.jpg
現在ウチにはいくつかのWi-Fi APがあり、稼働している。
余計なAPは動かさない方が良く、それは混信が起きてしまうからだ。
しかし異なる部屋で十分な接続性を得ようとすると、部屋ごとにとは言わないまでもAPを用意する必要がある。
Wi-Fiの電界強度が低下すれば通信速度も低下する。
この影響を受けやすいのがIP電話系で、LINE通話なども途切れが出るようになってくる。

1Fと2Fも電波が届きにくい。
本当は有線配線して2FにAPを置けば良いのだが、線を通すのはこれ又大変だ。
やるとすればTVの同軸に沿わせてみたいな方法になり、不可能ではないが面倒だ。

そこで現在は2FにWi-Fiの中継器を置いている。
中継器を置くもう一つの理由は、有線LANも欲しいからだ。
有線LANはTVやHDDレコーダに接続している。

使ってみると、中継器はさほど優れたものではなかった。
バッファローのものなのだが、ビームフォーム機能の付いたWi-Fi APの方が強いというか何というか。
もちろん中継器の近くにいれば電波は強いんだけど。

5GHz帯はバンドが広いのでまあ良いのだが、2.4GHz帯は混んでいる。
キヤノンのプリンタ用には低速の2.4GHz帯信号を発しておかないといけない。
いったんコネクトすれば40MHz幅に拡張しても大丈夫なのだが、そのままプリンタの電源を切って再投入すると接続出来なくなる。
なので、プリンタ用に20MHz幅のキャリアを立てておかなければいけない。
キャノンのプリンタのWi-Fiはダメだなぁ。
最初は20MHz幅でもコネクトに失敗しまくりだった。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント