ルンバが発見した漏水

1.jpg
洗面台の下が少し濡れていた。
水をこぼしたかなと思い、その日は特に気にしなかった。
翌日も濡れていた。
濡れるのは、洗面台の下をルンバがコーナーブラシで掻き出すからだ。
つまり洗面台の下が濡れていることになる。
洗面台は壁に固定されているのだが、多少は動かせるので洗面台の下を拭いた。
細いドライバーでタオルを突っ込むようにして拭いた。

翌日見ると、やはり少し湿っている。
これはどこかから水が供給されているとしか考えられない。
で、洗面台の中のものを全て出し、濡れている部分を拭き、様子を見る。
結露にしては水滴が多いし、かといって水滴が見つからない。

洗面台の中を掃除しながらしばらく観察していると、水滴が落ちた。
どうやらRO浄水器に接続しているワンタッチコネクタが原因のようだ。
ここは結構無理矢理的に接続している。
ワンタッチコネクタ(緑)は10mmのホース用だったかな、そこに8φのプラスチックチューブ(青)を無理矢理接続してステンレスワイヤーで止めた。
RO浄水器は6φのプラスチックチューブ(白→透明)接続なので、8φ→6φの変換(黒いボディーに赤い線)も使っている。
6φのプラスチックチューブを白→透明としているのは、白がインチサイズで透明がミリサイズという、何とも面倒なことになっているからである。

そのワンタッチコネクタと8φのプラスチックチューブの所から水が漏れているようだ。
本当は8φのチューブ用のコネクタがあれば良いわけだが、手持ちがない。
10mmのホースに8φのプラスチックチューブを入れてみると、ほぼピッタリだ。
そこで8φのプラスチックチューブに10mmのホースをかぶせ、それをワンタッチコネクタに入れた。
8φのチューブは固くて入らないので、前回同様少し加熱して入れた。
10mmのホースが(中に8φのプラスチックチューブが入ったことで)少し太り、ワンタッチコネクタの止めねじを締めるのに苦労した。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント