ジョロウグモ

2.jpg
昨冬が暖かかったので、虫たちのバランスも違ってきている感じがする。
毎年見るスズメバチは、今年は余り見かけない。
全く見ないわけではないが、数は少ない。
昨夏が暑かったこと、今年の夏も暑かったので暑さに弱いスズメバチは元気がないのか。

ハエの大型のような虫を見かける。
何という虫かは不明なのだが、ブンブン音を立てて飛び回る。
形状的にはハエに似た感じで、三角翼的な、そんな外観だ。
全長は1cmか1.5cmか、そのくらいだと思う。

小バエのような、小さな小さな虫も繁殖している。
壊れかけた家から水が流れてきていて、その水の所で育っているようにも思える。
これだけ小さいと蜘蛛の巣にも捕捉されないと思う。

そのクモも繁殖期とあって増えている。
蜘蛛の巣を貼るのはジョロウグモである。
蜘蛛の巣を貼らないアシダカグモも見かける。
これはゴキブリを食べてくれるという事で、ヤフオクなどでも売られている。
天然アシダカグモが沢山いるためか、ゴキブリを見たことがない。

アシダカグモは巣を張らないので良いのだが、ジョロウグモは巣が邪魔なんだよなぁ。
微量の毒は持っているとは言え、他の虫を捕捉してくれると考えれば、(人間が)蜘蛛の巣を破壊しまくるのも可愛そうかなと思ったりする。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント