電気柵:タイマーが壊れた

4.jpg
電気柵の電圧モニタがゼロになっている。
おかしい。
電気柵を切られたか?
電気柵用電源を見てみると、リレーが動作していない。
中華タイマーで1秒のインターバルを作っているのだが、そのリレーの音が聞こえない。
実はここはリレーで無くても良い(リレーのドライブ回路から信号を取っても良い)のだが、リレーの音で動作が確認出来るかなと思ってリレーを動作させている。
そのリレーが動作していない。

さっそく中を見てみると、中華タイマーの電源が切れている。
中華タイマーには電圧は加わっているが、中華タイマー基板の3端子レギュレータが壊れている。
デバイスそのものが壊れることは希なのだが…
しかし実際には壊れていて、出力端子も12Vになっている。
中華タイマーはワンチップコントローラで動作しているので、そのデバイスに12Vが加われば壊れるしかない。

中華タイマーの予備はあったので交換したが、いったい何故壊れたのだろうか。
考えられることは電源ラインに何かのサージが乗った可能性だが、だったら他のものも道連れに壊れても良い気がする。
78M05の入力最大電圧は35Vなので、通常ここまでの電圧は印加されない。
とりあえずは予備品に交換するが、念のため電源ラインにはπ型のフィルタを入れておいた。
中華タイマーの電源にはパスコンは追加していたが、それではダメだったのだろうか。

中華タイマーの予備がなくなってしまったのでAliexpressで買うことにした。
Aliexpressならば230円くらいで買えるのだが、Amazonだと850円くらいになってしまう。

1秒の無安定マルチバイブレータなのだからNE555で作れば良いと言ってしまえばそれまでだ。
抵抗とコンデンサ数個、555と3端子レギュレータで作れる。
中華タイマーとどちらが安いのかと言われると微妙だけれど。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

この記事へのコメント